ご応募はお電話で!

0568-31-2043

求人担当:水野まで

鈴木板長へのインタビュー

任せてもらえている。

それが何よりうれし。

料理人としてやり甲斐を感じます

Q1:水徳で働き始めたのはいつですか?

鈴木:今から14年前になります。2002年のことですね。

 

Q2.:水徳に入るきっかけは、どんなことだったんでしょう?

鈴木:水徳の社長の水野とは、もともと知り合いだったんです。24,5歳の頃からの付き合いですから、かなり古い仲ではありますね。で、ここ勝川店が新規オープンするちょっと前から水徳で働かせてもらってはいたんですが、勝川店のオープンのときに「ぜひ、新店の板長を任せてほしい」と志願したんです。

 

Q3:志願ですか?社長からも、「是非やってほしい」という話だったんでしょうね。

鈴木:まぁ、確かにそんな話もいただきましたが、ほぼ私の方から「志願した」って言ったほうが正確ですね。

 

Q4:そうして、志願して入った水徳ですが、働いてみて、良かったと思うことはどんなことですか?

鈴木:とにかく、仕事がやりやすい!もうこれに尽きますね。それが、私にとっては心から「水徳で働けて良かったと思えること」です。

 

Q5:どうしてそんなに仕事がしやすいんですか?

鈴木:社長と、いろいろな話がかみ合うんですよ。社長から、大きなテーマを与えられて、私がそれを料理として具体化していくわけなんですが、私の提案を、非常によく受け入れてくれるんです。

 

Q6:社長から鈴木さんが信頼されているってことですね。

鈴木:まぁ、自分ではなかなか言えませんが、信用し、仕事を任せてくれているという実感はあります。仕事を任せてもらえるというのは、料理人として本当に幸せなことだと思うんです。自分のアイデアを自らの腕で表現していけるんですから。

 

Q7:他に「良かったと思えること」はありますか?

鈴木:他ですか?あとはやっぱり、名古屋コーチン、しかも私としては日本でNo.1と思っている稲垣種鶏場さんの名古屋コーチンを扱えているということですね。

 

Q8:と、言うと?

鈴木:名古屋コーチンは、肉質、脂の甘み、弾力がやっぱり他の地鶏と違っているんです。こうした良い鶏肉を扱っていると雑には扱えませんから、料理が丁寧になるんですね。当然、調理人としての腕も上がっていきます。あとは、舌が肥えていくのはすごく実感していますね。舌が肥えることで、良い素材かどうかが分かるようになります。どんな素材でも、その素材が本来持っている良さがあります。調理人は、それを引き出す必要があると思っています。舌が肥えたことで、それができるようになっていけているのかな、とは少し感じているところですね。もちろん、調理人として「これで良い」なんてレベルはないので、もっともっと高い技術を追究していきますが・・・。

 

Q9:なるほど、なるほど。名古屋コーチンという高級素材を扱っていることで、舌の感覚が鋭くなる。舌の感覚が鋭くなることで、素材本来の良さを引き出せる技術が自然と高まると。

鈴木:その通りです。

 

Q10:では、水徳での経験の中で、思い出に残っていることってありますか?いいことでもいいですし、辛かったことでもいいですよ(笑)。

鈴木:う~ん、思い出、ですか?何が残っているんだろう?いい思い出は忘れちゃうもんですかね?なんかあんまり思い出せないな。まぁ14年間でいえば、やっぱり立ち上げのときのしんどさってことかな。オープンして3か月間は、本当にしんどかった。オープンしたはいいけど、スタッフは少ないわ、どこに何が置いてあるのかも分かってないわ、で夜の1時まで働いて、朝の7時にはお店にいるってのが3か月ぐらい続きました。何より大変だったのは料理人で素人の子が二人いたってこと。どうしても板長である私の方に負担が来ますからね。その子たちに教えながら、なおかつ調理場を回していく、というのは本当に大変でした。今、思ってもよくやれたなぁと思います。まぁ、今となっては、いい思い出ではありますね。

 

Q11:水徳が他の飲食店と違うと思える点はどんなことですか?

鈴木:法事、葬式、宴会、婚礼、鰻、名古屋コーチンと、ある意味あらゆる分野の調理をさせてもらっていると思います。そこが何より他の飲食店で働くのとは違う点かな。ですから、料理人としてはすごくいい環境にあるのではないでしょうかね?すみません、あくまでも料理人の視点から語ってしまいました。お客様の視点からでなくてよかったですか?

 

Q12:もちろん大丈夫です。むしろ料理の人の視点で語ってもらったほうがいいです。

Q13:では、水徳の板長、料理人だからこそこだわっていることがあるとしたら、どんなことですか?

鈴木:これは先ほどもお伝えしましたが、「季節ごとの一つひとつの食材が本来持っている良さを引き出し、その良さを活かすこと」ですね。最高級の食材でも、普通の食材でも、そのものが本来持っている良さってあるんです。それを引き出してあげたい。それは常に考えて、食材に向き合っています。

 

Q14:なるほど、水徳は「極上素材四季の味」ですからね。そのあたり、鈴木さんとして体現されているわけですね。

鈴木:まぁ、そんな大したもんではないと思いますが。

 

Q15:では、今度はちょっと未来に目を向けて・・・。水徳の板長、料理人として、今後成し遂げたいことはどんなことですか?

鈴木:これは、もうありきたりのことしか言えませんが、お客様の期待にしっかりと応え続けることです。期待に応えられるメニューを、同じ食材でも違った料理にできるよう、作り続けること。もちろん、その食材の良さを引き出しながら。当たり前のことですが、この基本を継続することが、料理人として成し遂げたいことですね。

 

Q16:最後、このサイトを読んでくださっている方、新しく仲間になる方へ、何か一言お願いします。

鈴木:水徳は、先ほどもお伝えした通り、いろいろな経験が積める場です。調理人として、技術を高いレベルで磨け、また自分の力を発揮できる機会がある場だと思います。こうした経験を積んで、お客様に喜ばれる料理を提供していきたい方は、一緒に創業115年の歴史を感じながら、水徳の新しい歴史を刻んでいきましょう!

坂野さんへのインタビュー

Q1:坂野さんは、ホール係の中では、ベテランになりますが、水徳で働き始めてどれくらいになりますか?

坂野:求人広告を見て、申し込んだのが10年前。気付いたら、すっかりベテランになっていました。木曜日は定休日ですが、月曜日から金曜日まで水徳で働かせてもらっています。10年も続けさせてもらえて、本当に感謝しています。

 

Q2:10年も続けられているのには、何か秘訣でもあるのでしょうか?

坂野:自宅から近いというのが何よりだと思うんですが、それでもやっぱり接客が好きだからだと思います。秘訣なんて呼べるほどのものはないですね・・・。

 

Q3:坂野さんにとって「接客の魅力」って何ですか?

坂野:う~ん、何だろう?元々働き始めたのが百貨店での接客の仕事でしたので、接客の仕事しか知らないというのが正直なところです。でも、やっぱり事務をやっている自分の姿は想像できないですね。あえて言えば、お客さまとやり取りできる楽しさは感じています。常連のお客さまが水徳には多いですから、話しかけてくれるお客さまも多いです。そうした気兼ねなく話ができるお客さまが自分の中でも増えていくのは嬉しいです。「いらっしゃいませ、こんにちは」と声を掛けたら、「こんにちは」と返してくれる。こうしたやり取りだけでも、嬉しく感じます。

 

Q4:水徳で働き始めてから思い出に残っていることはどんなことがありますか?

坂野:思い出ですか?何があるかなぁ?たまに芸能人が来ることですかね(笑)。

 

Q5:どんな方がいらっしゃったんですか?

坂野:テレビの取材では、眞鍋かをりさんとか、スギちゃん、スピードワゴンの井戸田潤さんとか・・・。テレビの取材ではなくお客さまとしてお越しになる方もいらっしゃいます。N.Mさんとか・・・。

 

Q6:坂野さんにとっての水徳の良さって何ですか?

坂野:これはもう、スタッフ全員が親しみやすい雰囲気を持っているということですね。排他的ではないです。新しい人が来ても、すぐに溶け込めるのが水徳の良さです。あとは創業して115年以上経っていますが(創業1900年)、歴史があって重厚感のあるお店であるにもかかわらず、全然構えて働かなくてもいいのは私にとっては本当にありがたいことです。

 

Q7:では、最後に。どんな方に新たなスタッフとして加わってほしいですか?

坂野:それはもうすぐに答えられますよ。明るくて、体力のある人です(笑)。みんな和気あいあいとしていて、楽しい職場だと思います。今年(平成28年)の2月からは、若女将も加わり、更にその雰囲気が増しています!若女将だからと言って全然威張るところもなく、本当に一緒にいて気持ちのいい方です。

 

Q8:ありがとうございました。では、最後にその若女将から、坂野さんに一言お願いします。これだけ褒めてもらっていたら、悪いことは言えないですね(笑)。

 

若女将:(笑)。いえいえ、坂野さんにはお昼のシフトに入ってもらっていますが、本当に坂野さんがいらっしゃると、私自身安心してお昼の仕事ができるんです。10年のベテランですが、そうしたことを感じさせず、いつまでも腰の低い方です。もちろん、10年やっていただいているんで、仕事の質も高いです。あとは、すごく息が合うと感じています。「坂野さんがここにいるのなら、私は別のところをやろう」とお互いにかぶってしまうことがないんです。本当に水徳にとっても、私にとってもかけがえのない存在です。

募集要項

勤務地:水徳本店

正社員

■1

職種   調理師(見習い可)

仕事内容 調理

時間   9:00~21:00 ※交代制

月給   18万~25万

◎各種保険完備

パート・アルバイト

■2

職種   接客(ホール)

仕事内容 接客・準備他

時間   ①9:30~14:00頃②16:45~21:30頃

時給   ①850円~1,010円②900円~1,060円

◎週3日程度でも可。出来れば土日勤務できる方。大学生歓迎

■3

職種   接客(宴席)

仕事内容 接客・準備他

時間   10:30~22:00の間で指定する時間 ※平均4時間位

時給   900円~950円

◎週3日程度でも可。土日勤務できる方。

■4

職種   洗い場・調理補助(什器・器具の洗浄係)

仕事内容 接客・準備他

時間   9:30~21:00の間で当店シフト表に困り勤務

時給   820円~880円

◎週3日程度でも可。土日勤務できる方

勤務地:勝川駅前店(しげよし春日井店)

パート・アルバイト

■5

職種   調理販売スタッフ

仕事内容 弁当の調理・盛付他、配達補助

時間   9:30~21:00の間で当店シフト表に困り勤務

時給   820円~950円

◎週3日程度でも可。簡単なPC入力できる方優遇します(ワード、エクセル程度)

■6

職種   配送スタッフ

仕事内容 弁当・料理の配送業務

時間   9:30~21:00の間で当店シフト表に困り勤務

時給   860円~配膳手当有

◎週3日程度でも可。

ご応募はお電話で!

0568-31-2043

求人担当:水野まで

Copyright (C) 2016 mizutoku co. All Rights Reserved.